mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真空管アンプでありますが、、、、、、、
                      ヤドカリCA-2000プリアンプ
北海道には二人のお客様がいます。以前からのTさんと最近お客様になっていただいたSさんです。
Tさんには今回のヤドカリアンプ、SさんにはA-2000のレストアをご依頼いただいています。

両方とも世界で一台シリーズなのであります。SさんのA-2000に関しては別の記事に致しますが、
今回はTさんのヤドカリアンプです。記事を読みやすくするために「ヤドカリアンプ」のカテゴリーを
設けました。過去に記事が一つありますので、ご覧ください。

外観はYAMAHA CA-2000そのままであります。中のメインアンプ部分をそっくり抜いてしまい、
そこに真空管プリを入れてしまおうというものです。え~、勿体ないと思われるかもしれません。
本物のCA-2000のレストア品は、いつでも作業出来ます。楽しいではありませんか。

だいたいオーディオを趣味としている方は難しいことを言いすぎるのであります。私の仕事は
難しいこと抜きには出来ませんが、趣味は楽しいことが大前提です。「オーデイオに疲れました。」と
コメントして出品された方がいましたが、それは他人と比較するような楽しみ方をするから
疲れるのであります。

この趣味は自己満足の世界です。私から見たらどうみてもアカンというアンプでも「素晴らしい音でした」
などとコメントされているのはいくらでもあります。これは皮肉では無く、その人の好きな音があったり
価値観も違いますから、その音が好きだったらそれで良いのであります。ですから私は使用する
その方の価値観を大切にします。これは、以前から私のオークションの出品見て頂いたり、この
ブログを読んで頂いたりすればご理解いただけると思いますが、NS-1000Mで鳴らしたら
こんな素晴らしい音がしたとか、高域は繊細でダイナミックレンジが広がったとかはあまり
コメントしておりません。

ものを高く売るならその様な文章を羅列するのが良いでしょう。「良い音です。」「素晴らしい音です。」
とコメントはしてきましたが、あまり具体的なコメントをしますと先入観でその様に聞こえてしまい
ますので、これはレストア機器をお送りする時にも私の感想はほとんどお送りしておりません。
このようになったという結果が殆どです。このようになった結果がオリジナルに近ければその機器が
持っている本来の音に近いものが出ているはずです。

私はへそ曲がりですからB-1も下記のような説明になってしまいます。
*******************************************************************
(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)
このYAMAHA B-1は重量37キロありますので、ヒョイと持ち上げるとぎっくり腰に
なります。ぎっくり腰で入院された場合、病院での使用は不向きと思われますので
ご注意ください。また、重量の殆どは前方に集中しています。誤って中央付近を
持って持ち上げますと落とす可能性があります。骨折した場合に備えて救急病院の
電話番号をB-1に貼っておくといざというときに役立ちます。

(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)
このYAMAHA B-1は黒い鉄の塊であります。床置きの場合、夜の使用に於いて常夜灯を
点灯しませんとB-1にけつまずいて足を怪我するケースがあります。このような恐れが
あるご家庭では白いペンキで塗り替えてください。
(私はつまずいて足の親指の爪を剥がし、全治六ヶ月の実績あり)

(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)
このYAMAHA B-1は冬は暖房の一部としてご利用になれます。夏は全ての窓を閉め切れば
サウナとして部屋が活用出来る可能性があります。有害なガスは発生致しませんので、
ガス中毒で死亡することはございません。もし、サウナとしてご活用なさる場合は
なるべくHOTなサウンドでの使用をお勧め致します。温度調整は音量で調整
なさってください。温度を上げすぎてもサーマルプロテクトが100℃で働きます
ので安心です。

(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)(+_;)
このCDデッキはたいへん重量感あふれるものでありますが、実際は「感」だけが
あふれておりまして、重量は全くありません。外観から想像される重量で
持ち上げますと天井にデッキを放り投げる可能性がありますのでご注意ください。
(最近のオーディオ機器に多いと思われます。)

私がカタログを作ると上記のようになります。出品している方に差し障りが
あるといけませんので、B-1を例にしております。80年代の機器について
この手のカタログはいくらでも作れそうな気がします。(^O^)

オーディオというのはたいへん曖昧な世界です。スピーカーのコーン紙は
丸から四角になったり、紙から金属になったりもしましたが、結局また
紙に戻ったりしています。メーカーは売るために数多くの理論を作り出して
来ましたが総括されないまま現在に至っています。

「いやぁ、あの時はあんな事言っちゃってゴメンネェf(^_^; 本当は、、、、」
などというメーカーがあったら私はそのメーカーを今川焼きの要求なしに
宣伝致します。オークションはとても楽しいものです。この世界の曖昧さを
活用して様々なコメントが付記されています。前述したようにそのコメントが
セールストークなのかどうかは読む側の知識の問題になります。
***************************************************************
上記は、私の「必ず読んでください。」カテゴリー記事のコピーですが、こんなコメントでは
物は売れる訳無いのであります。売れなくてもいいやぁ。楽しくやりましょうよ。(^_^.)
オーディオという趣味は、もっともっと楽しい物なのですよ。人の物と比較したりしなければね。
「コーヒーはいかがですか。」カテゴリー記事のLUXの宣伝もう一度読んでください。
お金などかけなくても充分この趣味は楽しめます。TU-870超三結でも使い方では、とても
楽しめます。

この果てしない自己満足の世界を楽しみましょう。難しいこと言いなさんな。PRA-2000ZR?
記事は難しかったかもしれませんが、あのアンプはMCトランス付きイコライザー、MCヘッドアンプ付き
イコライザー、MM専用イコライザーと3つのイコライザーが付いていて、ある意味では設計者の
遊び心が感じられるではありませんか。

ならば、今回のCA-2000ヤドカリアンプ、MCヘッドアンプ付き半導体イコライザー、真空管式
イコライザーが同居していても、あらら、不思議な感じはしないではありませんか。楽しく音が
良いアンプ作ります。楽しい方が先なのであります。

つづく


スポンサーサイト

さて、これは何でしょう?
                     YAMAHA 真空管プリアンプ?

この基盤何だと思います?イコライザーに2本の真空管、バッファに1本の真空管を使用します。
その基盤、YAMAHA CA-2000に入ります。そうです。CA-2000ヤドカリプリアンプです。
最初は、サッサと作るつもりでした。そうです。mazdaluce3000は徹底的にやることにしたのであります。

本来のCA-2000のイコライザーアンプを徹底的にレストアいたしました。
                     CA-2000イコライザー
チラッと見えていますが、イコライザー部分の1000マイクロの電解コンデンサはMUSEで、最近殆ど
入手出来なくなったタイプのものです。特にこだわったのはフラットアンプ(トーンコントロールアンプ)
部分です。この部分は一部の抵抗まで交換しました。恐らくオリジナルよりかなり性能が良くなって
いると思います。5V時、0.001%の歪率となりました。

さて、依頼者の方にはヘッドホンアンプをICで作るとお知らせいたしました。アカン、、、、、、
これだからアカンのであります。
                     真空管を使用したヤドカリ用ヘッドホンアンプ
ICでサッサと作るつもりが、上の写真のように、真空管とICを使用したヘッドホンアンプを
作りました。真空管は6922です。カップリングコンデンサはMUSEです。このような予定と
違うことをするから徹夜になるのであります。

詳しくはまた別の記事にします。このヤドカリアンプ、MCヘッドアンプはCA-2000本来のものを
使用し、MMカートリッジは、真空管とCA-2000の2種類を使用出来ます。フラットアンプは
CA-2000のアンプの後に真空管バッファアンプが付きます。そしてヘッドホンアンプは
真空管とICを使用したものになります。

本来のCA-2000のレストアをするよりはるかにたいへんです。電源部、イコライザー部分、フラットアンプを
全てレストアした上に、真空管アンプと真空管アンプ用電源を作り、ヘッドホンアンプを作ったり
するわけです。前面パネルの洗浄や内部清掃も同様で、特に後パネルの入力端子の清掃等は
かなり時間をかけています。(Y嬢)
                     ヤドカリプリ入力端子
この入力端子は最初は錆びだらけでした。T嬢はこの部分は特に綺麗に作業してくれます。
丁寧ですよ。とても程度が悪いものがまずまず綺麗になりました。

今日は少し寝ないとマズイのでさわりだけの記事にしておきます。
少し前に、CA-2000の前に真空管バッファアンプを入れたらとても音が変わりました。
依頼者の方は、このアンプの後にはB-2を繋げると思います。良い感じになると思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。