mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TU-870超三結アンプ。TU-879S超三結アンプ製作お受け致します。
TU-870をお持ちの皆様へ(^○^)/

検索フレーズが「TU-870超三結」で入ってくる方が数多くいらっしゃいます。

私の方で「TU-870超三結アンプ」の出品予定は今のところありませんが、
TU-870を超三結アンプに改造したいという方で、自分で改造するには
ちょっと自信がないという方のために、TU-870超三結アンプ製作を受け付けることに
致しました。
裏から見たTU-870超三結アンプ

現在TU-870をお持ちの方(動作品)の超三結アンプにする価格は、33,000円です。
部品代込みの価格です。オリジナルの抵抗は一本も使用しませんので取り外します。
カソード抵抗はセメント抵抗になります。

組み立てを途中で断念された方(/_;)、故障しているものは2,000円追加です。
ただし、真空管、トランスが使用出来るものでなくてはいけません。
真空管不良の場合は実費をいただきます。
組み立てを途中で断念されたの場合、外装部品が取り付いていることが必要です。

回路は初段FET増幅です。電源はトランジスタダーリントン接続によるリップル
フィルターが付きます。オーバーオール無帰還ですが、20センチウーハーのシステムで
サランネットが凹むほど耳を押しつければノイズが聞こえる程度です。

完成したTU-870超三結アンプの1KHz、1Wの歪率は0.5%以下になります。
出力は1.6Wですが、この出力は歪率3%程度の場合です。
今まで多くのデーター取りをしていますので、この性能は間違いなく得られます。

初段FETの場合は使用するFETによって大幅に歪率が変わってしまいます。
また、左右のFETに性能差がありますと左右のレベル差が出たりします。
FETは一個ずつ測定し選別の上取り付けます。

初段がトランジスタでも製作出来ますが、カップリングコンデンサが
1個増えますので、現在はFETにしています。(カップリングコンデンサなし)

完成したTU-870超三結アンプをヘッドホンで使用したいという方は
+3,000円です。これはお勧め致しません。なぜかといいますと、
3,000円いただいても私が面倒くさいからです。(^ Q ^)/゛
ドリルでガリガリ穴空け、配線あちこちなのであります。
持ち運びが楽な音質良好なヘッドホンアンプになります。
ヘッドホン端子が付いていますぞ。

33,000円は予算オーバーという方は、25,000円で自分で作るという手も
あります。この場合は私のところに来てパソコンの画面を見ながら
基盤カットをしていただきます。道具は全てお貸しします。
部品代金込みです。この価格はあくまで動作しているTU-870の場合です。
キットを最初から組み立ててTU-870超三結アンプにする場合は、
一日では終わらない可能性がありますので、今のところ対象外と
させていただきます。最後の調整、測定、試聴まで私がおつきあい致します。

TU-879Sも超三結アンプにすることが出来ます。この場合は初段が
カスコードアンプになりますので、改造費用は50,000円です。
EL-34、6550、KT88など差し替え可能なアンプとなります。
こちらは私の作業場で製作することは出来ません。時間がかなりかかります。
TU-879S超三結アンプ、EL34バージョンです。

私の作業場で製作する場合は、日曜日限定となります。その他、色々なケースが
あると思いますので、ブログのメールフォームにてお問い合わせください。
なお、メールアドレスを記入されない方、お名前を記入されない方には
返信を致しませんのでご了承ください。

基本的にシングルアンプでしたら何でも超三結アンプに出来ます。


スポンサーサイト

TU-870超三結アンプ組み立て大会でした。
TU-870超三結アンプ製作大会を実施致しました。といっても参加者は1名なのでした。

参加者は以前修理教室に参加されたことのあるOさんで、S社の業務用機器に関係した
プロの技術者であります。TU-870本体はOさんが購入済みでしたので、それをお持ちいただき
私の方でパーツを用意して組み立てていただこうというものです。エレキット付属の抵抗は
一切使用しません。組み立てから完成までの流れはおおよそ下記の通りです。

①外装部品取り付け

②入力端子、ヒューズホルダー、スイッチなど外装部品配線

③食事

④基盤プリント配線カット、穴あけ

⑤基盤部品取り付け、ハンダ付け
501.jpg


⑥基盤取り付け、配線
502.jpg


503.jpg

⑦点検、調整

⑧パネル、底板、ツマミ取り付け
504.jpg


⑨測定

⑩試聴

午前10時20分頃からスタートし、①と②の外装部品取り付け、配線に3時間かかりました。
この間、私は全く教える必要が無く、組み立て説明書を見て組み立て配線をしていただきました。
不調に陥ったCA-2000をお持ちになりましたので、私はこの3時間の間、このCA-2000と
格闘しているのでありました。

Oさんのハンダ付けは当たり前のことですが、たいへん上手ですので言うことはありません。
初心者の方にはここから指導しなくてはなりませんので、この点では楽でした。お昼は近くの
マグロ丼屋さんで行きましたが、大変好評でした。

④の基盤プリント配線カットは、パソコンに保存してある写真を見ながら行っていただきました。
 マジックインキで印を付け、ルーターでカットします。穴も印を付け0.8ミリのドリルの刃を
 使用して穴をあけます。

⑤の基盤部品取り付け、ハンダ付けもパソコンの写真を見て作業していただきました。
 抵抗のカラーコードが判らなくても写真と同じに取り付ければ良いので難しい事は
 ありません。


⑥の基盤取り付け及び配線は、電源トランス、出力トランス、入力切り替えスイッチの
 配線です。難しい事はありません。丁寧に作業すればOKです。

⑦点検、調整では、完成したアンプをスライダックに接続し、徐々に電圧を上げていきます。
 あらら(/_;)一次側電圧60V位からカソード電流が流れ始めますが、片チャンネルのカソード電流が
 異常に流れています。配線ミスが一カ所あり再度チャレンジ!今度は問題がありませんでした。

部品取り付け前にFETのドレイン電流の選別を行っていただきました。多くのFET中からIDssを
 選別してもらいました。重要な作業です。この時点でこのアンプの特性が決まってしまいます。
 選別されたIDssの値から私の予想した1KHz、1W時の歪率は0.4%でしたが、実測では片チャンネルは
 0.4%、もう片チャンネルは0.3%台とほぼ予想通りでした。FETは2SK30GRではありません。(^.^)

 このドレイン電流の選別をしませんと、左右のゲイン差が出たり、歪率は1%になったりします。
 オーバーオール負帰還をかけない場合、裸特性が良いことは重要なポイントです。特に残留ノイズが
 少ないことは大切で、小さいアンプだから多少ハムが出て良いなどという考えをしていたら
 良いアンプは作れません。20センチウーハーのスピーカーシステム(能率92db程度)のサランネットに
 耳をベタ付けしてもハム音は聞こえません。今回はトランジスタ2個によるリップルフィルターを
 付けましたが、FET1段では実験の結果不足でした。

 ここで少し時間がかかったのは、Oさんの実際の使用する部屋での電圧が106Vとのことでした。
 一次側の電圧でバイアス値が変わりますので、電灯線電圧は重要です。106Vはかなり高い方と思います。
 測定されたテスターがアナログで、高級品ではない(Oさんは安物と発言!)とのことでしたので、
 102Vで調整しました。調整方法をお教えしておきましたので安心です。

⑧パネル、底板、ツマミ取り付けはどうということはありません。ヒューズホルダーの増し締め、
 タイバンドで配線をまとめる等の作業も行いました。

⑨測定は周波数を変えての歪率、残留ノイズ、最大出力を一緒に測定してデーターをお渡ししました。

⑩試聴ですが、かなり気に入ったようです。Oさんが持参したCDで聴き入っていました。驚いたのでは
 ないでしょうか。とにかく小さいですからね。(^.^; 万能ではありません。しかし、真空管の音の良さを
 知って頂くには充分と思っています。

内部は綺麗です。ハンダ付けも上手でした。ラグ板は一切使用していません。Oさんはプロの技術者
ですから理解力もあります。しかし箱を開封してから完成まで10時間でした。試聴を終えてオーディオ全般
にわたる質疑応答を終えたのは13時間経過しました。

数人を集めてこのような組み立て大会を開催しようという計画をしましたが、Oさんでさえ10時間ですから
初心者の方でしたら12時間はかかると思われます。外装部品を全て取り付けてもらったらなんとか出来るかもしれませんが、この計画はボツにします。残念!

この素晴らしいTU-870超三結アンプを私のオークションで入手された方、48,000円という出品価格が
とてもお買い得だったことがおわかりいただけると思います。勇気を持って落札された皆さん大切に
してくださいね。予告通り今後オークションには出品しませんが、受注生産にいたします。
(TU-879S超三結アンプも受注生産にいたします。)

お預かりしたCA-2000の不具合も朝飯前ならぬ昼飯前に完調となりました。トランジスタ10個交換サービスをしておきました。Oさんお疲れ様でした。



超三結TU-870驚きの音質です。
超三結TU-870を出品致しました。大きさからは想像できない
素晴らしい音質を持ったアンプです。たいへんクリアーな
音で、高域のスピード感もあります。

5台作りましたが、1W時の1KHzの歪率は、一番少ないもので
0.28%、多いもので0.4%です。0.5Wでは0.18%~0.25%程度です。
自作している方には「しんじられな~い」という数字でしょう。

今回出品する前に次のような実験をいたしました。

インターネットに掲載されている2SK30GRで組み立てて

2SK30GRを無選別で組み立て
こりゃあアカンです。左右のレベル差が大きく、歪率も
悪いケースで1.3%(1W)になります。オーバーオールの
負帰還をかければゲイン差は無くなりますが、本質的な
左右の裸特性は大きく違います。偶然に特性が2個一致すれば
ラッキーですが、アンラッキーですと左右の特性は
大幅に違ってしまう可能性があります。

2SK30のドレイン電流を測定し、選別して組み立て
左右のレベル差は少なくなり、ドレイン電流の値によって
歪率は0.7%程度に改善されます。ん~ん、まずまずです。

2SK××をカーブトレーサーで選別して組み立て
左右のレベル差は殆ど無くなり、歪率は良いもので0.3%以下に
なります。

先日出品したYAMAHAのB-1は三極管特性を持つV-FETを使用した
アンプです。真空管で片チャンネル150Wもの出力を実現しようと思ったら
費用も重量もたいへんなものになります。

もし、大出力を必要としないなら、、、、、、ピークで1.5W程度の
出力で動作させるならこの超三結TU-870にしてください。出力トランスは
小さいですが、出力トランスを低インピーダンスで動作させるため
想像以上の低音が出ます。

初段はトランジスタで試作されている例が多いですが、カップリングコンデンサが
必要になりますので、私はFETにこだわっています。FETにすればカップリング
コンデンサが全くなくなります。あれやこれやと回路を追加したものも
見られますが、出来るだけ部品点数は少ない方が良いでしょう。

リップルフィルターは必須です。超三結にすることによりハムが出やすく
なります。20センチのウーハーのサランネットに耳を付けてもハム音は
聞こえません。

1.6Wという出力が不足かどうかは、使用するスピーカーの能率によって
全く違ってきますが、今までの落札者の方はこの事を十分承知のようで
ALTECを鳴らしている方が何人もいます。高能率ですからとても上手な
組み合わせです。もちろんJBLの高能率のものも良いでしょう。

FOSTEXのバックロードも良いと思います。私は93db程度の能率のスピーカーを
使用していますが、充分な音質、音量です。普段聴いている音量レベルが
問題になりますが、お近くの方は聴きに来られたら良いでしょう。
この音質には驚きますよ\(@O@)/

超三結TU-870のカソード抵抗です。


セメント抵抗の5Wに変更しております。テスターで測定しやすいように
少し取り付けをオフセットしました。この抵抗の両端をテスターで
測定して40Vに調整しますと最低歪みになるように設計してあります。

FETを変更しますと最低歪みになる電圧は変わります。私が出品する
TU-870超三結アンプでは、FETのドレイン電流を全て測定して
40Vで最低歪みになるようにしてあります。

超三結TU-870リップルフィルターです。


電源部リップルフィルター付近です。
FET一段程度では充分な効果は得られません。

オーバーオールの負帰還をかければOKですが、今回の
ようなオーバーオール無帰還アンプではハムノイズが
残ります。

前回と異なる点はトランジスタを変更したので、
電圧クランプ用のツェナーダイオードを省略しました。
無帰還アンプとしてはノイズはとても少ないです。

超三結TU-870電源部付近


電源部付近ニチコン電解コンデンサ1です。オリジナルは太く
差が低いものです。ニチコンは細く背が高いものになります。

超三結TU-870電解コンデンサ


電源部付近です。電解コンデンサはキット付属のオリジナルバージョンです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。