mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


A-2000を出品しました。
自分のブログに嫌悪感を抱き見るのがとても嫌でしばらくの間、全くこのブログを見ていない
状態と相成りました。これを読んでいる皆さんから見たら不思議な感覚と思われます。

以前、アクセス数100万というホームページを見たことがあります。アクセス数50万の時に
管理者の方が「どうせこんなホームページ、誰も気にしていない、、、、」とのコメントがありました。
恐らくそのコメントを読んだ人は冗談だと思われたことでしょう。私は本音だと感じました。

私は「コレダッ!」と思いました。記事の作り手側と読む側に大きな感覚の相違がある場合も生じます。
アクセス数50万ですぞ。誰も気にしていない訳がない。私のブログは始めてから1年8ヶ月でアクセス数
15万弱ですからこのまま続けていけばいつかは50万になるでしょう。

しかし、私はアクセス数など全く気にしていないのです、、、、と言いたいのですが、アクセス数が
増えると記事を作らなくなり、アクセス数を減らすという全くへそ曲がりなのであります。直近では
一日のアクセス数が500を超えてからバッタリと、、、、、。

「目指せ一日アクセス数1,000!頑張るぞォ(`。'メ)」がフツーなのではないでしょうか。
「嫌だ、アクセス数が増えるのは(;_;)」とは思わないでしょうね。

記事に対して責任感を感じています。間違ったことを書きたくないので、写真や数字を活用して
記事を作ってきました。出来るだけポジティブに記事を作ってきたつもりです。
アクセス数が増えてきますと「間違いがないように、ポジティブに、、、、、」とプレッシャーを
感じるようになりました。

オーディオに関する間違いや誤解を解きましょうと考えますとネガティブになりがちです。
オークション出品でのコメントやインターネットでの明らかな間違いはよく目にします。時々このブログで
記事にしたことがあります。しかし、本当は記事にしたくないという気持ちがあります。

あれもダメ、これもどこかに迷惑がかかりそうだと考えますとパソコンの前に座れど固まって記事が
作れない状態になります。考えすぎです。過剰な気持ちが働いているのだと思います。
文章が作れないほど脳が老化したか(;_;)と思いましたが、どうやらそのようなことはなく、仕事をして
いてもスラスラと頭の中で記事が作れているのであります。頭の中の記事で一人笑っている不気味な
瞬間もあります。

私は過去の記事を読み返すということはほとんどしません。記事数500に対して大きな間違いは
少ない方ではないでしょうか。自分で行ったこと、見たことを記事にしているためと思います。
想像もありますが、出来るだけ控えるようにしています。想像やオカルトも含めれば更に記事作りは
楽になりますが、これをやりますと間違いが増える可能性があります。

最近では一つの記事を作るのにかなりの時間を要する傾向がありました。また、仕事の面でも
復活困難な機器が多く、何が何でも復活するぞという意気込みはありますが、かなりのストレスに
なっているようです。簡単なやつをお願いしますぞ。

                   部品交換数は?
上の写真は某プリアンプの抜き出した交換部品で写真に写っていないリレーなどを含めますと
250点以上になります。もう一台同じアンプをやりましたが、トランジスタは交換しませんとしながら
結局トランジスタも含めて150点交換しました。入力はリレーで切り替える回路ですが、7個×6本の
手配線を3回研究のために行いましたので126本手配線行ったことにないます。得られたのは
このプリアンプの永続的なリレーの交換です。

また、メーカー修理の不具合からイコライザーの回路図を起こしたものもあります。そのメーカーに
回路図をくれといったのではありますが、ダメとの返事でした。「お前のところの間違い修理で
困っとんじゃぁ(`。'メ)」と言おうとしましたが無駄なのでやめておきました。回路図を起こした
ところでお駄賃にはなりません。そのアンプだけで正味一ヶ月以上かけていると思います。
メーカー修理の不具合についてはお駄賃をいただきませんでした。生活はしなくてはいけませんから
たいへんです。

今の私は「研究者」であります。今作業しているものは全てお得ですが、来年は脱「研究者」に
なろうと思っています。その他としてパソコンのスイッチを入れてからかなりの時間を経過しないと
起動しないというものもありまして、様々な要素がストレスになったようです。

自分のブログを見るのも嫌だというのは病気そのものかもしれませんね。「あぁ、こうやって
一つのブログが消えていくのね。」と瞬間思いましたが、どうやらまだ続けられそうです。

オークションの出品はブログ復活の良いチャンスと思いますがどうなりますでしょうか。
小傷は多いですが、信頼して使用出来る数少ないA-2000です。
スポンサーサイト

土曜日から更新です。
土曜日から記事を更新しますね。ちょっと待っててください。


オークション落札ありがとうございました。
参加いただいた、外野の皆さんお楽しみいただけましたでしょうか?

皆さんは驚かれるかもしれませんが、私は自分のオークション終了時間には
オークションを見ておりません。このような状況ですから以前終了間際に質問があり答えられず
無視したような形になってしまったことがあります。

恐らく皆さんはオークション開催中に「それいけ、もっといけ、まだじゃぁ、終わるな、あぁ、そんなぁ(/_;)」
と茶碗をチンチン箸で叩きながら罵声、歓声を上げながら見ていると思われているのではないで
しょうか。見ていないのであります。勿論気にはなっていますが。

今日の場合、11時20分過ぎに、もういいだろうとパソコンを見ましたら、、、、、あらら、見てしまったの
であります。SQ507xが奮戦中でした。落札金額はいずれもお得と思います。いつも驚くのは過去の
オークションで落札して頂いた方、修理レストアでのお客様の好意度がたいへん高く今回は3台中
2台がお得意様の落札でした。まことにありがとうございます。

結果を見ればL-308は私のお客様同士の競い合いになったようです。今回は残念だった皆様には、、、
ブログには全く記事にしておりませんが、究極のA-2000が完成しております。究極ではありませんが
その研究結果を元にしてA-2000を1台出品の予定です。

それと(L-308次点のMさんヨロシク!)300Bアンプを出品します。2台ともほとんど完成しております。
今月中です。A-2000も300Bアンプも滅多に入手出来るものではありません。この2台はぜひとも
入手してください。1円で出品出来れば良いのですが、景気後退の折部品代も回収出来ない
自爆行為となる可能性があります。特に300Bアンプは真空管は新品で、トランスは中古ですが
部品代は10万円を突破します。上手に使えば一生使えるでしょう。

安心して使用出来るA-2000も少ないと思いますので、ご希望の方はアラートに入れておいてください。

300Bアンプといえばシングルで7~8Wがフツーでしょう。私はへそ曲がりですからカソードフォロワー
ドライブで10~15W程度、え~い出力は少ないけれど超三結300Bアンプなら滅多にないのでは?
などと考えてしまします。入手された方が喜んで頂ける内容にしたいと考えてしまいます。

大型の300Bアンプです。休眠機器は整理してこのオークションに望みましょう。私が自分で使用する
為にコツコツとプランを練ってきたものです。計画変更をして自分で使用するのはB-1を電源にした
真空管アンプを製作しようと思っています。これはすげぇでっせ(◎o◎;) なにしろ電源だけで30キロ
以上の重量ですから。いつになるかはわかりません。遅れている仕事優先です。

良いものを提供していきたいと願っております。今後もmazdaluce3000のオークションにご注目ください。

オークションに出品しました。
お約束通り1円出品を3台しておきました。マランツのメーター枠の補修の跡以外、3台とも
とても綺麗なものです。3台とも前面、後部パネル洗浄してありますし、3台とも塗装してあります。

部品代金や作業代金を考えますとLUXMANの2台は10万円を超しても不思議ではありませんぞ。
特にL-308は電源のブロックコンデンサや整流用ブリッジダイオードも交換してあります。
ELNAの18,000μ/71Vはオーバークォリティで勿体ないです。電解コンデンサの容量が増えれば
整流用ダイオードの負担も増えるのでオリジナルでは持ちませんのでこれも交換しました。

塗装に関しては、今までコンプレッサーを使用したガン塗装はあまり行いませんでした。
なぜ上手くならないのだろうと思っていましたが、ガンの故障だったことが判明し、腕ではない
道具が悪かったんだと納得しました。(^▽^)V しかし道具の不調を見抜くのも腕のうちと
考えればダメですね。w(:_;)w

文章を作ることが出来ない病気に陥っています。ゴルフでパットが打てないイップス病というのが
あります。同じようなものです。アンプはとっくに出来ていたのでありますが、今回の出品の短い
コメントを作るのにとても多くの時間がかかってしまいました。

ブログの更新もお休みいただいていました。多分ですが、毎日記事を作らねばという自分に対する
かなりのプレッシャーをかけておりました。深夜に帰宅しようが疲れていようが皆さんに楽しんで
いただこうとする気持ちがありまして、ブログを作る時間は仕事と勘定しないということにしておりました。

これはいけません。気分転換など全く考えないとこういう事になります。復刻困難なアンプがあれば
回路図を書いてまでも修復にトライしている現状です。とても神経を使います。ブログでは部品交換だけ
しているような印象がありますが、実際はかなり違います。究極のCA-2000での差動増幅の説明などは
回路分析の副産物です。

出品のLUXMANの古いアンプは今までもかなり手がけましたが、回路が単純な割にはたいへん手間が
かかるアンプです。このシリーズのレストア品が出てこないことは私にはとても理解出来ます。
たいへんな手間と部品代金をかけても回収出来ない可能性が大きいのです。

今回は1円で出品しましたが、私のオークションは一体どの位の金額になるかという参加者ではない
外野の方のお楽しみになっている面がありますので、どうぞお楽しみください。ポケットに500円玉が
あればどうぞ入札してください。まだ21円と入札ゼロが2台です。

この出品のコメントを作ることによりブログ再開のきっかけにしたいと考えています。パソコンの前に
座れど記事が何時間も作れないということは今後もあるかもしれません。出来るだけ長くこのブログを
続けたいと考えています。時々は許してね。m(~o~)m

オークションの終了時間ですが、夜の9時台にModel 140で予行演習、10時台でL-308を真剣に、
11時台でSQ507xが安かったら全員参加であります。どのような価格でも出品を取り下げないと
していますが、1円などで安く出品しますといたずら入札が増えますので荒らしが入った場合は考えます。

3台の共通点は出力段がバイポーラトランジスタのシングルプッシュであるという点です。
迫力はありませんが、弦の音など細かい音が聞こえます。特にLUXMANの2台は奥方様の
決裁が得られやすい外観と思います。あっ! そうか、皆さん奥方様の決裁に苦労しているのか(`´メ)

奥方様向けのブログ記事を追加しようっと。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。