mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


YAMAHA C-1のメーターアンプです。
1.jpg

たいへんトラブルが多いC-1のメーターアンプです。
基本的にはB-2、UC-1と同じ回路です。
このメーターアンプのトランジスタがショートして
電源回路から煙が出ていたなんてものもありました。

写真では全てのトランジスタ、電解コンデンサが
交換されています。写真に写っているトランジスタは
28個です。

調整はチャンネルごとに4点ですから正確に合わせる
ことが出来ます。

メーターは大きくありませんが、回路はシケておりませんぞ。
ちゃんとYAMAHAらしい作りです。

この記事に対するコメント
はじめまして。
メーターを駆動するアンプであっても回路は回路。
ヘタる部分はヘタるのですね。
うちのアナログメーターのカセットデッキ。
テスト信号では全うなレベルに針が行きますが、音楽信号だと反応が鈍く、とても振れが弱いです。
20年前は安デッキや大型ラジカセのメーターの方がもっと俊敏に動いていた記憶があります。
回路の劣化で信号の立ち上がりが鈍るとうのはあるのでしょうか?
【2007/05/18 07:45】 URL | ふ゛り #qbIq4rIg [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mazdaluce3000.blog100.fc2.com/tb.php/38-e776cf75



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。