mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


続きです。
世界一安全性の高いアンプである。

といっても皆さんのアンプ選定の基準にはならないでしょう。な~んだ!という感じだと思います。
しかし、これは重要なポイントなのです。製造から33年を経過し、これから未知の分野に入ります。
このアンプには管ヒューズだけでも10本もあります。その他にヒュージング抵抗が回路内部に
多数挿入されています。ヒュージング抵抗は故障を部分的にとどめるものでイコライザーアンプ、
フラットアンプ、メインアンプに多数挿入されています。

同様に多くのヒューズ抵抗が使用されているアンプで安全性に留意されているアンプに
Lo-DのHMA-9500シリーズがあります。このアンプのヒュージング抵抗は電力型で、
劣化による故障が多く発生します。ヒュージング抵抗は安全のために挿入されていますが、
反面劣化による故障があるのは残念です。

多くのアンプメーカーはヒュージング抵抗に電力型を使用し、このタイプは経年で劣化します。
70年代後半のYAMAHAアンプのヒュージング抵抗に電流型を使用しています。電力型は定格の
何倍電力を消費すると切れるというタイプですが、電流型は230mAとか50mAなどの電流で
切れるものです。高級品です。30年以上経過してA級の熱にさらされながらも劣化が少ない
ものです。

このように安全性に留意されているアンプは致命的な故障につながらず多くの年数が
経過しているにもかかわらず多くのアンプが現在でも使用可能につながっています。
その結果、オークションでも出品台数が増えて価格が下がるという事になります。
あらら、話がそれてしまいました。オークションの価格で機器の価値を決めては
いけません。

横道にそれたついでに安全性についてもうひとつ!重要事項です。

YAMAHA製の~CA-1000Ⅱまでの電源コードは必ず交換してください。
~CA-1000Ⅱまでではなくても茶色いコードのYAMAHA製で古いアンプのものに
ついては、劣化によりコードにひび割れ、亀裂が入ります。必ず交換してください。
私に依頼するとトランジスタも交換してしまいますので、ダメです。
お近くの電気店に依頼したついでに内部も掃除しましょう。

途中で切ってつないでもいけません。最も危ないのはシャーシーのブッシュ部分で
コードを留めている部分です。ここには圧力がかかっています。必ず元から
交換してください。(CRシリーズもそうだったかもしれません。)

YAMAHAアンプでなくても古いアンプの電源コードは必ず点検すること!
安全は何よりも優先します。私が多くの部品を交換するのも安全優先の意味も
あるのです。

このブログで何度も繰り返しますが、私はYAMAHA関係者ではありません。
菓子折ひとつ届いたことがない!(`。'メ)菓子折いらないから
回路図ちょうだい。(^.^)電源コードを交換すると音が変わるから交換しない方が
よいという声があるかもしれません。無視してください。

このブログを読んでいる方は事故を起こさないようにしましょう。
メーカー関係者ではありませんがお知らせしておきます。すぐに点検してください。

ヒュージング抵抗なんて故障の元!いらんいらんなどと思わないでください。
トランジスタが熱暴走し安全装置が無く抵抗が焼損。そこには綿埃の布団が、、、、
ハイ!火がつきます。そんなアンプがあるのですよ。皆さんから見るとアンプを見る目が
違うかもしれません。説明書に記載されていなくともどうしてこうなっているのだろうと
考えた時、、、、、この時代のYAMAHA製アンプは良くできています。言ってみれば
私はこの時代のYAMAHA製アンプ設計者のファンかもしれません。

CA-2000でもB-2でも僅か4個のネジを外せばあっという間にカバーが外れます。
B-1も4個のネジです。この意味は、、、、このアンプは熱が出ますが掃除が簡単に
出来ますよということなのです。
CA-2000はウッドケースですからやり過ぎという位
気遣いされたアンプと思います。ウッドケースを使用したアンプでこの事に
気を遣っていないものも多数あります。ケースを何重にもしたらユーザーは掃除が出来ません。
きちんと掃除をしていれば抵抗の焼損があっても煙が出る程度のはずです。掃除は
重要項目です。

以前からCA-2000は素晴らしいコンストラクションですと言ってきました。説明を受けたわけでも
ありませんが、色々考えると、ん~ん、これは良くできていると思います。音が良いだけが名機では
ありません。A-2000については音は別にしてかなりの問題点を記事にしていますからYAMAHA製全てに
ついて良いと言っているわけではありません。公平です。

本論の前段階で安全性について少しだけ記事にしようと思いましたら長くなってしまいました。
呼んでいる~呼んでいる~、、、、、ここから本論です。

素晴らしいコンストラクション、高い安全性も名機の要因です。デザインは好みがあるでしょうが、
YAMAHAらしいデザインと思います。最も重要なのは音質ですね。オリジナルはバイポーラト
ランジスタの特徴的な音質と思います。良い音ですが、私が持っているYAMAHAのイメージ、
CA-2000の外観のイメージとは少し違います。

私を何とかしてちょうだいとCA-2000が呼んでいるのでありました。私はYAMAHAというメーカーは
どちらかというと女性のイメージ、CA-2000もどちらかといえば女性のイメージと勝手に感じています。
CA-2000の音は男性的に感じてしまうのです。つまり外観が女性で中身が男性でしたらこれは
まずいのでありまして、、、(一般的にはオカマというそうです。)これを性転換して
ニューハーフにしようと、、、、、いうのではありません。いやぁ、これは例えが悪すぎました。
CA-2000を所有している方怒らんでください。ウッフン (^.^)

「繊細で優しく美しくそして若々しく私を甦らせて。これから何十年も私を愛してちょうだい。」

「そ、そんなこと言ったっておいらは体の調子が悪いんだい。」

「私は33才、人間で言えば老婆だわ。ハッキリ言ってババア!認めるわよ。あなた自分の胸に
手を当てて考えてみなさい。いつも都会に行くと若い女のお尻や足ばかり見ているじゃぁないの。
あなたがおばあちゃんのケツ、いやお尻を見てよだれを垂らしているのは見たことはないわ。」

「おいらだってパネルは洗浄し、ツマミは超音波洗浄機で溝まで綺麗にしているし、コンプレッサーで
埃を綺麗に取り払っている。トランスだって刷毛塗りで塗装しているではないか!基盤だって
出来るだけ洗浄している。みんな美人と言ってくれてるぜ。」

「バカねえ、今時の通販番組を見てご覧なさい。膝が痛くて階段を上れなかった人がちょっと
電話するだけで魔法の錠剤が届き、それを飲んだらあ~ら不思議、階段スタスタ登り
皺だらけの女性が魔法の塗り薬で肌すべすべになっちゃう時代なのよ。あなたのやっていることは
洗顔にちょっとファンデーション塗っている位なものよ。それにしてもみんな通販番組の最後に
これ手放せません。て言うのはどういう訳かしら。」

「お、俺も肌すべすべには興味がある。」

「見本は吉永小百合よ。歳を重ねても外見が美しいのはもちろんだけれど内面的な美しさが
にじみ出ているわ。最近の若い女性は美しいけれど見た目だけではダメよ。吉永小百合のように
いつまでも愛されるように甦らせてちょうだい。」

「そういえば中学生の時、先生に吉永小百合もトイレに行くんだぜ~と言われてえらいショックを
受けた時がある」

ガツン! (`。'メ)、、、、

ゲンコツを喰らってこのやりとりは終了したのでありました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。