mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


音質というもの 続きです。
SONY TA-E900DENON PRA-2000ZAUREX SY-99YAMAHA C-1
音質の表現というものはたいへん難しいものです。三次元的とか臨場感とか奥行きのあるとかの表現は
反論する方もいらっしゃるかもしれません。表現が正しいかどうかはともかくこの表現に近い感覚を
経験した方はたいへん恵まれているでしょう。

私の経験では比較的電流を多く流した物量投入アンプに多いように思います。充分に回路が検討され良質な
パーツを使用し充分な回路電流でなおかつ物量投入された、、、、、重くて発熱のある値段の高いアンプと
なります。皆さんCDデッキもそうですぞ。三次元的な奥行きのある音を再生するCDデッキもあります。
このブログのどこかに紹介しています。このデッキの中を見ますと上記項目をクリアしています。

CDデッキもプリアンプもメインアンプも同じなのです。TA-E900もPRA-2000ZRも低域は良く出ます。
特にPRA-2000ZRは物量投入アンプとは言い切れませんが、イコライザー回路基盤の熱による変色を
見ますと比較的回路電流は多いと言えるでしょう。(/_;)
レストア前基盤レストア前イコライザー基盤プリント面レストア後プリント面、超美品です。

写真はPRA-2000Zですが、この写真はたいへん面白いですよ。このアンプは電解コンデンサだらけで
基盤は薄くお金がかかっていません。更に基盤は、はめ込み式でネジ止めされていないのであって
振動対策などされていません。おまけにリレーだらけです。コネクタの数も多いのであります。

ネットでの聞きかじりで音質を考えるならばこのアンプは音の悪くなる原因だらけなのです。音質は
総合的に考えないといけないのです。電解コンデンサを変えても音質は変わるでしょう。しかし、
皆さんが想像しているほどではありません。一部の部分では変わります。この件については別記事で
紹介します。もしも私がこの一年快調に記事を書き続ければアンプのことがかなりわかるように
いたします。YAMAHA製だけではありません。ただ、写真がかなり消失していますので記事は
今のところ限定せざるを得ない状況です。PRA-2000シリーズは前にも書きましたが、音が良いのと
入手しやすいですからお奨めです。

美しく歪みの少ない、、、低音も高音も綺麗に出ている、、、あぁ満足!!!!!そう思っているなら
SY-99の写真も記事も読まない方が良いのであります。「幸福とは満足の度合いである。」
発売当時50万のこのアンプ、、、、、非常に安いのであります。格安、赤札、バーゲン品です。
アマチュアが作りたがるものをメーカーが作ってあげたというアンプです。しかも中途半端なものでは
ありません。ケーブルもただ太いのではなく「ケッ、お前らが考えるのはこの程度だろう、、、じゃぁ
これならどうだっ、文句あっか(`。'メ)」とTOSHIBAさんがこんなお下品な言葉を言うわけがありません。
ありませんが、多分、設計した人は絶対に思ったはずですから私が代弁してあげました。

こんなアンプは作れば作るほど赤字に決まっています。TA-E900は基盤と部品の組み立ては非常に
簡単だと想像できます。人の手をあまりかけない現代的アンプです。ところが、SY-99は人の手を
かけ放題のアンプです。そして、このアンプは私の記憶ではVISHYの抵抗を使用するなどパーツにも
お金をかけているのであります。
SY-99
私のいうところの回路、パーツ、物量と三拍子揃ったアンプです。これで50万円です。写真では解り
にくいですが、抵抗の大きさや電解コンデンサの太さとケーブルを比較してください。
基盤接続
このケーブルのを上の写真のように一本一本接続し、ハンダしていくのであります。これは極太線
だけではありません。写真で見えている線はほとんど同様な処理をします。つまり、出来るだけ
コネクタ接続をしないようにしているのです。ひぇ~(T.T)よくもここまでやったモンだ。σ(^_^;

このアンプの50万円は非常に安いです。ですから儲からない。儲からないからAUREXはオーディオから
撤退したのであります。皆さんはAUREXといえば高級アンプのイメージがないかもしれません。
確かに安いものもありましたが、本気になればSY-99やSC-Λ99のようなアンプも作れるのであります。
本来の実力でしょう。私の記憶では70年代のラジオ技術誌に東芝中央研究所の厨川氏が頻繁に
登場していた記憶があります。エレクトレットコンデンサーカートリッジもAUREXの製品でしたね。

もうひとつ加えますとかつてTOSHIBAは世界一の半導体メーカーでした。私が古いアンプのレストアをして
今まで万を超えて半導体を交換していますが、TOSHIBA製のトランジスタは劣化が少なく不良になっている
比率はとても少ないです。これは断言できます。嘘と思うならショート不良しているトランジスタ以外は
保管してあるので測定してみたらよろしい。私は嘘は申しません。ですから、過去の記事でも一貫して
この事を書いています。菓子折が届かないのもです。V(^0^)

☆ここ数日、夜になると蕁麻疹が出てきて難儀しています。今日は一番ひどく全身に出ているようです。
どうって事はないのですが、かゆくてタイプミスが多く効率が悪いので続きは明日にいたします。
私は痛みには強いのですが、かゆいのはたいへん苦手です。(T.T)

文章が長すぎるか?ん~ん、SY-99は良いアンプだ。日本はこういう物作りをしなくてはアカン。
音は力強く臨場感溢れ三次元的である。持っている人は幸運な人だ。良品に出会ったら財布と
相談し即入手しろ。、、、、、、、これでいいっか。(T.T)携帯電話で読んでいる人、、ご迷惑を
かけています。(T.T)

無理しない範囲で記事作りますね。今日はこれまで。(-_-) zzz
******************************
3月12日22時
SY-99の音は力強く臨場感溢れ三次元的である、、、、などと書いてあっても全く興味を持つ
必要はありません。このような世界に一歩踏み出す行為は次のような言葉で表現されます。
「オーディオは泥沼である。」「オーディオはアリ地獄である。」
「オーディオは離婚の危機を生み出す。」「慣れれば怖くない奥方様の往復ビンタ!」
私はいくつでもこのような言葉を作り出せますが、恐らく皆さんは私以上に思いつくのでは
ないでしょうか。

歪み少なく綺麗な音、充分な低域の量感、繊細な高域、、、、この辺でやめておいた方が良いです。
まず、SY-99の内部写真を見れば私が説明するまでもなく、修理、メンテナンス、レストアには
とても困難を伴います。このアンプの弱点はこれらの点を全く考慮されておりません。したがって
「音が出ません。」などというものを入手したら悲劇になる可能性があります。

いわゆる完動品を入手しなくてはいけません。前述したTOSHIBA製の半導体はたいへん丈夫で
ありますが、もしも複雑な配線を全て外さなくてはいけない羽目になったら、、、、フルレストアも
そうですが、たいへんな作業になるのは必至です。アマチュアレベルの所に修理依頼は出来ません。

このようなアンプをメインの機器にするのは覚悟が必要なのです。私の所にフルレストア依頼が来たら
受け付けます。ただし、お駄賃はビックリするほどいただきます。しかし、その価値は充分にあります。
このようなプリアンプは二度と作られないし、元々50万円という販売金額がとても安く設定されて
いるのですから、現在200万円のプリアンプと考えたらよろしいと思います。

このアンプの対になるメインアンプSC-Λ99も全く同様です。このアンプは放熱再処理をしないと
出力トランジスタが熱暴走で破損します。必ずこのメンテをしなくてはいけません。ところが
このアンプもメンテナンス性最悪です。放熱器がアンプの構造体になっていて、放熱器を
取り外しますとアンプがバラバラ、クネクネになってしまいます。取り外すネジは100個以上と
考えてください。
SC-Λ99
放熱器を外すとこんな感じになります。一般のような鉄板での構造物がありませんから放熱器を
外すとアンプを移動するのも困難になります。このようなアンプの再放熱処理は数万円では出来ません。
ましてフルレストアになりますとたいへんです。このアンプはきちんとした業者によって再放熱処理を
されたものを入手するのがベストです。

私は作業するのに2本の手では足りずとっておきの予備の2本の手を取り出して作業しました。
これを奥の手といいます。(^◎^)

AUREXはとても良いものを作ったけれどメンテナンス性はよく考えなかった、、、、、いや違う!
メンテナンス性を考えなかったから良いものが出来たのだ。メンテナンス性を無視しても
良いものが作りたかったのだ。私はそう考えています。

完動品が10万円以下で売っていたら、、、、厳重な梱包をして中に乾燥剤を入れて保管して
おくとよいでしょう。定期預金よりはずっとましな利殖になります。そしてこのブログを
奥方様に読ませ、「このアンプは200万円の価値がある。だからして使えないのでお金貸してちょーだい。」
と言ってもう一台YAMAHA C-1を、、、、同様の手で、、、、定期点検と称して音を出すのは
勿論のことです。V(^0^) 奥方様に読ませる時はこの5行を削除してプリントアウトすること!

なお、このアンプの消費電力は90Wで少なく見えます。これはほとんど常時消費、、、
つまり発熱しておりますので、へたなB級動作メインアンプより発熱しますので放熱には注意が必要です。

YAMAHA C-1の巻
非常に不人気な記事のようですが、構わず続けます。(T.T)
書きたいことを書くのでありますが、このような内容のものはもうひとつのブログに移行した方が
良いと思います。つまらん記事で皆さんの貴重な時間を費やしては申し訳ありませんので、
取りあえずC-1までは記事作りますね。いずれも所有している方は少ないので
解りづらいと思います。しかし、プリアンプでも音は変わるのだということをご理解ください。
充分に回路電流を流したアンプは面白い音がする程度でも頭に入れておけば良いと思います。

YAMAHA C-1、、、、私はこのアンプについて詳しいです。いや、かなり詳しいです。
記事を一ヶ月間書き続けろと言われたら書けます。B-1について三ヶ月間書けと言われたら書けます。
しかし、記事が長くなるのも良くありませんので、短く整理しておきますね。

このC-1とB-1はオークションに良く出品されておりますので入手はそう難しくないでしょう。
不当な安価で取引されております。SY-99は50万円、C-1は40万円の発売当時価格です。
両機種とも今後製作は絶対にされないであろう貴重なアナログプリアンプです。
特にC-1はV-FETの開発費用を含めたら膨大なコストがかけられたアンプなのです。

只今ちょうど午前0時、、、、シンデレラ姫はお帰りの時間です。(-_-) zzzしなくても
(-_-) zzzする努力をしましょう。花粉たくさん舞っています。明日はもっとだそうです。(T.T)
この時期にCDデッキが不調に陥ることが多いのです。それはCDプレーヤー花粉症です。
ズルズルズル(T.T)かクシュンクシュンというノイズが出ます。(これは勿論冗談です。(^.^) )
レンズの上に乗った花粉をそっと取り除きましょう。

それではまた!
******************************
YAMAHA C-1です。記事が長く不評ですので短く記事にします。

このアンプの概要は私が記事にするまでもなくネットで調べることが出来ますので興味の
ある方は検索してみてください。

たいへん低域が豊かで臨場感溢れる音がするのはSY-99に通ずるものがあります。プリアンプに
要求されるものを全て実現しようとしたもので、たいへん高精度でありこの時代のYAMAHAの
考え方、技術が表れているアンプです。

写真ではシンプルに見えますが、基本的に地上一階地下二階の三階建てアンプと考えてください。
部品点数はたいへん多く、掲載している写真は地下一階部分のイコライザーアンプです。
写真では解りにくいですが、扉が開いておりこの部分はトーンコントロールアンプです。

たいへん古いアンプですからこのアンプも難点があります。2SJ24と2SK78はYAMAHAオリジナル
CANタイプV-FETですが、ケースから直接出ているリード線が錆によりもげてしまっている
C-1を何台も見ています。ですから入手する際に錆びだらけのものは要注意です。
また、2SK78の不良が何台かありました。

このアンプのレストアはたいへん手間がかかります。説明すればきりがありませんので、一部のみ
紹介します。
ヘッドホンボリュームアンプ
上の写真はヘッドホンボリュームアンプです。なんとヘッドホンのボリュームをコントロールするだけで
こんなものがありまして、この部分は劣化によりノイズが発生しています。いつもこの部分には苦労します。
IさんのC-1ではこの部分のボリュームを除く全部品を交換しています。

電解コンデンサはFine GoldとSILMICⅡで抵抗は1%誤差のKOAです。トランジスタはオリジナルと
同型番同ランクの新品に交換しましたが、納得できる結果が得られずたいへん苦労しました。
依頼者の方がヘッドホンを使用するしないにかかわらずこちらが納得しなくてはいけません。
ボリュームの中点でノイズが増えますがこれはどのC-1でも同じです。このノイズを出来るだけ
少なくするようにしたものです。この部分だけでも20点以上のパーツ交換になります。
メーターアンプ
こちらはメーターアンプで全トランジスタと電解コンデンサの全てを交換します。あらら、
ヘッドホンボリュームアンプとメーターアンプだけで部品交換数は60点弱です。

その手前に電源基盤が見えますね。その部分の全トランジスタと全電解コンデンサ、半固定ボリュームを
交換し、更に一部の抵抗を交換します。これは+100Vと-110Vは半固定ボリュームがありませんので
調整できません。規定値になるように抵抗を交換します。

オシレーター切り替え
また長くなりそうですので途中省略します。これはオシレーター切り替えスイッチです。このアンプには
ご覧のような発振器がついています。これらの周波数が正しい値かどうか測定し狂っている場合は
調整しなくてはいけません。通には非常に便利なものです。

LED製作LED全点灯
あぁ、やっと出来たと思いましたら電源のLEDの不調が認められましたので、これを交換、、、、
といってもオリジナルのものがありませんので、これを製作しました。緑色にしています。
こんな事でもけっこう考えます。

私の場合の総部品交換数は何百点にもなります。私はこの仕事に積極的ではありません。時間、手間は
たいへんなものであり数万円で出来るというものではありません。レストア金額はかなりのものであり、
その金額に納得していただける方は少ないでしょう。電解コンデンサを交換すればレストア終了と
いうものではありません。

IさんのC-1は徹底的に時間をかけてやりましたが、それでもスイッチの全てを分解する事などは
しておりません。スイッチの一部は対症療法です。ただ、どこかのトランジスタが不良になり貴重な
V-FETを破損するという事については出来るだけのことをしてあります。

どこかでC-1を見かけたら振ってください。カランカランと音がしたらV-FETの足がもげて中に
落ちています。(T.T)そのようなC-1も復活させております。

一台ごとに部品交換数が増えていくのが私のレストアの難点です。それは台数をこなせば
必ず新しい不調が出てきますので、それをフィードバックしていくと必然的に部品交換数が
増えていきます。

今回の古い4台のハイエンドプリアンプは素晴らしいものですが、その特徴を理解しておいて
ください。もしもリサイクルショップにゴロッと転がっていたら、、、、ラッキーです。
音が良ければそれでよしという方には今回の記事は参考にならないでしょう。ただ、
全てが良いというアンプはたいへん少ないものです。

例えばYAMAHAでいえばC-2,C-2a、C-2x、C-4、C-70などを比較しても同様の記事を書けますが、
この手の記事は不評のようですから別の場所にてもう一度試してみますね。V(^0^)

おしまいデス。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。