mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CA-1000Ⅲ MOS-FET無事到着です。
ヤフーオークションへ出品いたしましたCA-1000Ⅲ MOS-FETアンプが無事落札者の元へ
到着し良い評価をいただきました。ヤフオクの評価とは別にご連絡いただきました。

音の立ち上がりが良く、耳に優しい音、定位が良いとの評価をいただきました。
試聴のボリュームの位置をご連絡頂きましたが、その位置ですと完全な純A級で
動作しています。B級動作範囲に入るのはずっとずっと上です。

試聴音量、接続されるスピーカーによりますが、私の予想では純A級動作を外れることはないと思います。
A級動作、B級動作、AB級動作の違いについてはこのブログでまたの機会に紹介したいと思います。

A級動作は単にバイアス電流の違いだけではなく電源の性能依存性が低いなど色々メリットが
あります。今後の記事に注目してくださいね。

皆さんが予想しているよりずっと良いアンプかもしれません。最終段無帰還も音質に効果的かと思います。
さて、次の出品は下の写真です。
YAMAHA  B-1でございます。m(~o~m)~
この写真は良く写りすぎです。といって修正は加えていません。右電源トランス前面に補修の跡が
点々とありますが、暗い部屋で見ましたらこんなふうに見えます。露出が上の明るい部分で
適正となっていますので、修正が見えていません。本体を洗浄しますと錆がはっきり出てきます。
洗わなければこのようなことにはなりませんが、私は洗ってしまうのです。

外観で売るつもりは全くありません。中身です。たった一台シリーズです。ご期待ください。
勿論このブログで内容を詳細に報告致します。B-1を全く知らないあなたでも楽しめますぞ。

毎日最高気温7℃以下です。私がいるところは天井の高さ310㎝ありまして寒いの何の、、、、
足がとても冷えます。毎日午前様で頑張っておりましたが、ついに風邪をひいてしまいました。
今日は深夜便は無しです。この風邪を今晩で治します。また明日A-2000の記事を追加します。
それでは、、、また明日ね。A-2000の記事をご要望の方は拍手入れておいてください。V(^0^)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。