mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TU-870超三結アンプです。
TU-870超三結アンプ、ヘッドホン端子付き
以前オークションに出品したTU-870超三結アンプが点検のため戻ってきましたがすぐに帰りました。

真空管ピン磨き
ノイズが出るということでしたが、真空管ピンが酸化して接触が悪くなっていたようです。
上の写真は機械で丁寧に磨いたあとです。磨く前は黒い酸化膜が付いておりました。

入手した方はヘッドホンアンプとして使用しております。
ヘッドホン端子
ヘッドホン端子はかなり良いものを使用しています。ヘッドホンジャックを挿すとダミー抵抗が
出力トランス二次側に接続され、出力減衰用の抵抗がヘッドホンに直列に入ります。

この接続はたいへん面倒で、あちらが切れればこちらが入る、、、だからこちらにあれを
繋いで、こちらにそれを繋ぐ、、、、これを考えている時に声をかけられると振り出しに
戻ります。

スピーカーを使用する時はダミー抵抗が切れなくてはいけません。ヘッドホンを使用する時には
ダミー抵抗を入れないと出力トランス一次側のインピーダンスが変わりますから
音が大きく変化してしまいます。私の使用するヘッドホンに合わせてダミー抵抗値を
決めています。計算上のヘッドホンとダミー抵抗の合成インピーダンスは8.7Ωです。

電源部
上の写真は電源部です。高圧トランジスタ2個でリップルフィルターを構成しております。
このアンプはオーバーオール無帰還アンプと超三結アンプの性格から電源の
リップル除去はたいへん重要です。小型アンプだからといって手を抜けません。
電解コンデンサの容量も増やしてあります。

初段はFET増幅です。最小の歪みを得るために調整が必要ですが、6BM8の特性の変化に
伴い、若干の狂いが生じておりましたので、再調整しました。1KHz、1Wで0.4%の
歪率になりましたから小出力アンプとしてはとても良い数字です。この調整は
ゲインが変わりますので、最小歪率で左右のゲインが一致するようバランスを
取ります。

この手の超三結アンプを製作するには歪率計は必ず必要です。調整で大幅に歪率が
変化します。小出力、小型アンプでも丁寧にきちんと作ると超三結アンプの素晴らしさが
理解できます。

この当時の出品価格ではとても商売になりませんので、10台少しで止めてしまいましたが、
本音はとても好きな仕事です。この小さなアンプにこだわりたくさん入れております。
オリジナルの基盤に出来るだけプリントカットをしない、ジャンパーを飛ばさないなどと
考えて作りましたが、実際はプリントカットが入りました。

ヘッドホンでもたいへん良い音がします。スピーカーでしたら大音量でなければ
超三結アンプの良さが充分味わえます。

小さなアンプでも、どうしたら良い音になるか、あれこれ考えながら作るのは
とても楽しいですね。TU-879S超三結も作りましたが、これも良い音がしました。
両方とも私にとっては名機です。

エレキットも価格が上がってしまいましたから以前の出品価格で製作は
無理になりましたから当分お休みです。FETはたくさんの種類を在庫していますから
色々交換して実験しました。楽しいものです。

今回点検してパーツの劣化等は全く見受けられませんでしたので、かなり長く
使用できると思います。落札された方で再調整ご希望の方は6千円と送料800円です。
明日からはA-2000シリーズに戻ります。


記事を作っていましたらとても懐かしく思い、探しましたらTU-879S超三結アンプの
写真が見つかりました。写真の出力管はEL34です。6L6GCの超三結では少し華やかに、
EL34ですと落ち着いた音になります。内部インピーダンスの違いでしょうか。この辺は
どちらがよいかという問題ではなく好みの問題です。私はEL34の方が好きです。
TU-879S超三結アンプTU-879S超三結アンプ基盤
基盤を綺麗に作るためにかなり工夫したと思います。これもかなり長持ちするアンプです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。