mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


H/Hさん宅にて
私がすんでいる近所にHさんというお宅があります。どでかいフロントロードホーンの
システムや重量70Kgのアンプなど多数のシステムをお持ちのお宅です。「主人が亡くなったら
真っ先に邪魔なオーディオシステムを処分する」と奥様が発言されておりますが、その発言に
私は反応しません。しかし心の中では「オレの家の前に捨ててくれ」と願っております。

ご主人はイニシャルH/Hで、奥様もH/H、長女は20才代でH/H、次女は女子高校生でH/H、三女は
女子中学生でH/Hで、なんと家族全員がイニシャルH/Hなのです。先日お宅にお邪魔しましたら
奥様、長女、次女、三女に30才代のT/Mさんというメンバーの中に私が加わったのです。

会話は目まぐるしく展開し突然次女のH/Hちゃんが長女のH/Hさんに向かって「チャンネェ!」と
叫んだのでありますが、奥様のH/Hさんが「それでは私はチャンカァかぁ(^-^; 」と返答した瞬間、
私の心に「おいらもその手の言葉知ってる、、、ビーチクV(^0^)」と口からその言葉がまさに
出ようととした瞬間、周囲を見ますと10代女子中学生、10代女子高校生、20代前半女性、30代
女性(T/Mさん美人です。)、40代奥様、、、、、、。
注、、、全員美人です。

さて、この環境で私の口から「ビーチク」なる言葉を発した場合どのような反応が得られるか?
瞬間的に私の脳中のコンピューターを動作させたところ、奥様以外の4人のメンバーから
「このエロオヤジ!」という目で見られることは必定との答えが出ました。

私は女性の笑顔は最高の癒しと考えておりますから、女性を笑わすことに多くの人格を使い分ける
のであります。この人格については企業秘密ですが、少しだけ紹介しますと、占い師、祈祷師が
含まれます。女性というのは摩訶不思議な部分がありまして、相談を受けて私から見て明らかに
間違った道を進んでいるという指摘をしても、、、「占いでそう言われたから」と私が理路整然と
説明しても占い師には勝てないのであります。

しかし、この状態を打破するために祈祷師の存在が必要になるわけです。祈祷師の「神のお告げ」で
占い師に勝たなくてはいけません。じゃんけんで相手がパーを出したらチョキを、グーを出したら
パーをと目まぐるしくその場に応じた展開をしなくてはいけません。この場合、相手に解らない
ように後出しじゃんけんをするのは言うまでもありません。将棋でいえば歩~飛車、王全てを
用意しておかなければいけないわけで、必然的に女性に対しては多くのキャラクターを
用意することになります。

最も得意なのはおバカキャラですが、これはご近所でこのキャラクターを頻発しますと
「あそこの変なおじさんには近づかない方がいい」と噂になることは必至ですので
遠く離れたところでないと使えないキャラクターです。

「このエロオヤジ」「変なおじさん」にならないためには相手の価値観や性格を十分検討し
言葉を発しなくてはいけません。私のコンピューターが「その言葉を言ってはイカン」と
答えを出したのは女子高校生と女子中学生のH/H嬢が明日から私を見る目が変わると
判断したからです。

ジョークは大好きですが、その時に解りました。10代二人、20代一人、三十代一人、40代一人
などというメンバーの場合、発言には十分注意しなくてはならないと(T.T)
どこにターゲットを合わせたら良いのか、、、この判断を誤ってはいけません。
瞬間毎に、誰かが一言発言する度に私の脳は目まぐるしく演算を繰り返しついには
内部配線がこんがらがり、無口になってしまったのであります。

その後の私はただただ話を聞くばかりなのでした。ところが絶対に下ネタなど言いそうにない
T/M嬢がボソッと下ネタを、、、、ややうつむき加減で、、、やや恥ずかしそうに、、、。

いやぁ、これには驚きました。その手のネタなど言いそうにないT/M嬢と思われたからです。
と同時に私はたいへん喜んだのであります。二人の10代のH/H嬢がどのような反応を示す
のか、、、それによって私の出した結論が正しかったかどうか解るのでありますから。

若干の沈黙がありました。1~2秒ぐらいでしょうが、私にはとても長く感じられたので
あります。6人いて1~2秒の沈黙はとても長く感じられるものです。最初に反応したのは
20代H/H嬢です。何とかこの沈黙を破らなくてはいけないというやさしい気遣いの反応です。
少し遅れて奥様の反応がありましたが、これは長女とT/M嬢のフォローをするという感じで
ネタに反応していなことは明らかでした。私は5人の女性メンバーの反応を瞬時に
チェックしていたのであります。

肝心な女子高校生と中学生は明らかに困惑しておりました。反応はなく「その発言は
無かったことにしよう。聞かなかったことにしよう。」と思っているようでした。

「あぁ、良かった!V(^0^)」私の出した結論は正しかったのだ!

私は以前住んでいたところで「小説家」と思われていたことがあります。常に何かを
深く考え、その目は遠くを見つめ、、、、後で昼間でもぶらぶらしているから小説家と
思われたということが判明したのでありますが、、、、頭の中は小説ではなく
回路図で一杯でしたからそんなイメージもあったかもしれません。

ここで「小説家」から「エロオヤジに」格下げにならなくて良かったという安堵感に
ホッとしたのであります。これ以上ここにいたら必ずボロを出す。最良の方法は
「撤退」であります。戦場において負けないことは勝ったも同然!などと笑わせることは
諦めてボロを出さない事とし突然「帰ります。」とそのお宅をあとにしたのでありました。

さて、女子中学生から40代までの5人の女性達、、、、笑わせるにはそれぞれの方の
価値観と性格を考えなくてはいけないとしました。このことはとても重要です。
このブログを読んでいただいている方どのような目的、価値観を持っているかを
考えないと皆さんに満足してもらうことは出来ないでしょう。

70年代のアンプの知識を増やしたい方、自分でアンプを修理、メンテナンスをするときの
参考にしたい方、同業者の方など様々なのでしょう。私は皆さんを満足させるべく
内容を検討、、、、、することは致しません。なんだ、話が違うじゃぁないかと
思うでしょう。

皆さんにウケたいと思えば考えなくてはいけません。とても長い時間を取られますし、
ウケようと考えて作った文章はどこかおもしろくないと考えます。余計なことは
考えないで記事を作ることとします。考えない代わりに出来るだけ更新をすることに
しましょう。

昨日、記事を作ろうとしましたら文章が作れなかったのであります。ネタは
山ほどありますが、余計なことを考えたからです。どのような目的でこの
ブログを読んでいただいているのだろうかと。

結論はこのブログは私が記事にしたいことを文章にすれば良いということです。
読みたきゃ読めばいいし、嫌なら読まなければ良いということです。中には
私が生きているかどうか確認するためにという方もいるでしょうから、出来るだけ
多く更新するようにしましょう。でも毎日は無理そうです。

アクセス数が増えて喜ぶような性格ではありません。ただし、私の性格から
299とか399とかあとひとつでキリのいい数字に、、、というのはなんとか
どうにかなりませんかなぁ(T.T)

くだらないと思う方はひと月に一回ぐらいアクセスするとなんか一個参考になる物が
あるかもしれません。そんな程度のブログで良いでしょう。

あれもこれも考え過ぎて記事を更新しないよりおバカなことでも記事を作りましょうね。
それでも良い方はまた覗いてください。V(^0^)


注記、追記、エトセトラ

後で考えましたら女子中学生と高校生の二人のH/H嬢、、、、、、T/M嬢の発言時に
彼女らの脳内コンピューターもフル回転していたのではないでしょうか。つまり
その下ネタに反応すれば自らの知識のレベルが露呈し、、、、、、
「それってなあに」と聞けばそんなことも知らないのとなり、大笑いすれば「こいつら
知りすぎてる」となるのであって出した結論は
「その発言は無かったことにしようm(~o~ 聞かなかった事にしよう。」  

この結論はまことに正しかったものと考えられます。

おしまい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。