mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雑記です。
今週と来週で10台以上発送する予定です。お駄賃の準備よろしくお願い致します。

Oさんからお預かりしたCA-2000は小出力での試聴が多いそうです。ボリュームのコントロールが
難しいのでなんとかボリュームの位置をあげるように改造して欲しいとの依頼がありました。
この要望は多いと思います。

深夜での試聴では少しでもボリュームを上げると予想以上の大音量になって困った方も多いと思います。
ミューティングスイッチを下に倒せば-20dbゲインが下がりますが、スイッチを中央にしておきたい
方も多いでしょう。

このゲインを下げるというのは方法がいくつかあり、どこでゲインを下げるかということを
考えますと場所はたくさん考えられます。一番良い方法を考えました。その結果、多分ですが、
ボリュームコントロールは容易になったと思います。

また、副産物として今までたくさん手がけたCA-2000の中でも最も歪率が低いものとなりました。
たくさん方法を考えた中でもベストな方法だったようです。この作業のプロセスの中で
CA-2000のさらなる改善点も見つかりました。これは今後のレストアに生かしたいと思います。
アンプの中身を考えていきますとエンドレスな世界にはまりこみます。

色々な事を考えていきますとどんどん遅れていきますが、更に良いものとして進歩して
いくようです。今回は修理ですからあれもこれもと部品交換したい気持ちを抑えるのに
たいへんです。色々データを取ってみますと、やはりフラットアンプや電源部まで
レストアしたものの方がとても良い結果が得られる事が解ります。

レストアでは2個のトランジスタの特性が一致することが必要な回路では全てトランジスタを
実測の上ぴったり合わせて取り付けたりします。単なる部品交換ではありません。
必要な部分では抵抗まで交換します。今回は音が出ない状態でお預かりしたものが多いので
まずは復活した音を聞いてください。その上で将来的に更に手を加える事も考えたら
よろしいでしょう。けっしてオリジナルを下回る事はないと考えています。

重いアンプを取り回していましたら左腕の筋をおかしくしてしまいました。重いものが
持てなくなってしまいました。これから梱包がたくさんありますので誰かヘルプを頼まなくては
いけないようです。(T.T)

人間の体内時計は元々25時間だそうです。朝の強い光を浴びる事によって24時間にリセット
されるのだそうですが、、、、、そんな事は解っているのですが、私の今の体はたいへん正直な
ようで、25時間がリセットされず昨日寝たのはなんと午前10時でした。3時間寝まして現在に
至ります。現在は午前5時です。全然眠くありません。昼間に寝ても暑くて寝ている事が出来ません。
毎日こんな感じでほとんど徹夜です。

困ったなぁと思っておりますが、毎日1時間ずつ寝るのが遅れていきますと、、、、、
なぁんだ、あと10日程度で夜に寝る事が出来るんでないの、、、、と気楽に考える事にしました。
時間がずれていきますので昼間ブログ記事を作ったりするかもしれません。ヽ(^0^)ノ

こんなに睡眠時間が少なくても眠くないというのは健康になった証拠なのかしら。
昼間エアコンが効いててタダで3時間寝る事が出来る場所があったら教えてください。
外が完全に明るくなりました。パネルの洗浄でもしようかしら。

B-2の記事は忘れておりません。B-2はとっくにお客様の元に届いております。
ゆっくり出来る時間が取れましたら続けますね。

今日は昨日より暑くなるそうですのでご注意下さい。それではまた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。