mazdaluce3000のブログ
ゴッドハンドと呼ばれるアンプ復刻師の珍道中日記
プロフィール

mazdaluce3000

Author:mazdaluce3000



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



フリーエリア



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


出品中のB-1について
先ほどやっとデジカメが使えるようになりました。

このブログで出来るだけ内容を紹介したいと思っています。ただ、デジカメが使い慣れていないのと
カメラのメモリーがXDピクチャーカードでパソコンへデーターを簡単に移せないので
やや時間がかかりそうです。

私はレストアがメインの仕事で完成品を売るのが仕事ではありません。今年は今回のB-1と
A-2000、C-1を完成品として販売予定です。その後はCA-2000のMOS-FETアンプ一台を
考えています。それ以外の予定は今のところありません。

B-1は今回のものを含めると3台所有しています。その内の一台は終段を真空管に置き換えたものを
実験機として製作する予定です。もう一台は基板テスト専用機として置いておくつもりです。

今回のものはオプションがいくつかあります。例えば5系統あるスピーカー出力は
UC-1が無ければ1系統しか使用できませんが、ご希望によっては複数切り替えが出来るように
いたします。その切替を手元でできるように有線リモコンにするか本体で
切り替えができるようにするかは購入者のご希望によります。(ケーブルの長さなども)

中には電解ブロックコンデンサのみの交換依頼をしたいという方もいると思います。
このコンデンサだけで数万円の部品代になりますし、調整やリレーの点検などを
必須の作業があります。セットでブロックコンデンサの交換ができるように検討いたします。

ブログ記事を作るとどうしても記事が長くなるようです。販売は一台のみですが
出来るだけ多くの人にB-1を理解してもらいたいと思い、つい余計なことを
記事にしてしまいます。そのために入手に関心のある方には(いるかどうかは不明ですが、、)
ご迷惑をかけていると思います。末永くB-1を愛していただけるようにとの
思いもあります。ご理解ください。

B-1の記事はまだ途中です。写真も少しずつ掲載していきます。
ただ、電解ブロックコンデンサの写真は掲載しません。もしも入手された方がいましたら
分解して現物をお見せいたします。(お近くにお住まいの方でしたら)近県でない方でしたら
USBメモリに写真を入れて同梱いたします。

今回のものはシリアルナンバーが4000以上です。おそらく5000台位製造されたのではないでしょうか。
凹みはありませんが錆が少々あります。ご希望によって簡易塗装をしてお渡しします。

ブログ記事を参考にしてご検討ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。